建築のメリットとデメリット

埼玉県の地主様限定。
相続税の節税&収入アップを目的とした、
失敗しない建築サポート

当社は「現状分析なくして建築の提案はありえない」と考えています。

建築は数千万円の計画です。
にもかかわらず、知識がないと営業マンの言うがままになってしまい、損をしてしまうことも多いのです。

最初に多少費用をかけても、
きちんと現状分析をする必要があります。
結果、大幅にコストを抑えることも可能です。

 

p_01.jpg

 

◆当社に任せて頂くメリット

建築価格が下がる

コンサルタントのアドバイスにより、建築コストを抑制できます。
結果、収支がプラスになるケースがほとんどです。

失敗する確率が大幅に下がる

「人気のある間取り」「勝てる家賃」など、建築会社目線ではなく、
オーナー様目線で厳しく分析します。

わかりやすく説明

ハウスメーカーなどと直接対応される場合、細かい設備費用の話をされても、
理解することは難しいです。

その問題を解消する為、当社がポイントを絞り、噛み砕いてご説明します。

「木だけでなく森を見る」ライプランを提供

通常はハウスメーカーが決まってからプランを立てます。
そうすると、収益が上がらない計画になってしまう可能性が高くなります。

きちんと収益を達成できるかを決めてから、
それを実現できるハウスメーカーを選定する必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

市場性の分析

新規に不動産投資事業等を行う場合は、市場性(賃貸物件の流動性や定着性)を選べるメリットがあります。対してご自身の土地に建物建築をする場合には、市場性は選べないリスクがあります。そもそも有効活用が成立しないエリアで建築してうまくはいきません。家賃保証等で多少の収支は見込める場合もありますが、その不動産事態の価値の向上にはなっておりませんので、万が一転売となったときにも不動産の流動性が著しく低下することもありますので、注意が必要です。

市場での差別化

市場での差別化

賃貸需要の近年の傾向として、想定家賃も非常に重要ですが、充実した設備や

  セキュリティー等を重要視しているお客様が近年増えております。また間取り等

  についても、核家族化が進み、大きい有効面積は必要だけれども、部屋数は少ない

  物件を希望するお客様や、女性の一人暮らしの需要も増え、女性が望む設備や

セキュリティーを望むお客様も増えております。

デザイン性

差別化、長期安定収入を確保するためには間取りと設備と市場性が非常に重要ではありますが、外観や内装のデザイン性が非常に重要であります。当社では女性を中心とした

建築コーディネーターを中心とした建築提案を心がけております。女性のセンスや、デザイン力はやはり、男性には真似できない部分であり、市場性での差別化や地域需要に対して優位に働き安定収入をもたらすケースが多々見受けられます。

費用

最大20万円

  • ※税理士による資料作成含む
  • ※申込金10万円(税理士を入れて相続税を算出する場合は、別途委託費10万円がかかります)
  • ※基本は建築価格の3%
     (ほとんどの場合、建築会社から支払って頂きますので、オーナー様は最大20万円の支払いになります。)
▲このページのトップに戻る