相続は不動産で決まる!!

こんにちは

株式会社オーナーサポートコンサルティング代表の毛利と申します。

私は埼玉県相続コンサルティングセンターの代表理事と日本相続サポート協会の

代表を務めております。

相続のコンサルティング業を行う中で不動産に関する知識、業務は切っても切れない関係です。

資産の組み換え、借地等の売却、更新、納税のための売却、相続税の圧縮、広大地の活用、

家族関係の把握、相続する人間の想いなどなど 多岐にわたります。

いままで売却などはアウトソーシングでしたが、相続に関する不動産売却などは知識が必要となります。

例えば、納税のための売却であれば、納税の範囲内で所得税が大半免除されます。

これは納税後も可能です。知らないとこの特例の期限が切れていたり、特例の申告をせずに終了させて

しまい、坪1万円高く売れたと喜んでいたのに実は損をしているなんて事もざらです。

また、建築をしなければ広大地の適用(相続税評価を半分位の評価に出来る特例)が出来たなんて

ケースもあります。

しかし、建築会社さんがその様な知識はありませんし、建てなくて良いという提案を必ずしてくれるとは

限りません。

この様な問題を解決するため、自分で地主様専門の不動産コンサルティング会社を立ち上げました。

ケースによっては、売却報酬である3%+6万円の範囲で別会社である埼玉県相続コンサルティングセンター

へ当社がコンサルティング料を支払うという仕組みを開発中です。

(例 相続税納税サポートの相談を受けた場合、埼玉県相続コンサルティングセンターへコンサルティングを

外注しその費用を当社もつ。 5000万円の売却が発生した場合 3%+6万円のうち1%を玉県相続コンサルティングセンターへ 当社が2%+6万円を頂く。)

お客様としては、単純に不動産会社へ売却を依頼するのと同じ費用で 相続のコンサルティングも

依頼できる(厳密には売却が絡めば、その中で相続コンサルティング料を相殺する仕組み)

という仕組みです。

 

将来的には、当社でもコンサルタントを5名程度まで増やし、建築プロデュース、顧問、組み換え、納税売却など

専門ごとに育成を考えています。

 

正しいことを正しくやる をモットーにがんばりたいと思います。

 

埼玉県相続コンサルティングセンター代表の挨拶はこちら↓

http://www.souzokuconsul.com/president/

 

 

▲このページのトップに戻る